お気に入りの必需品

2013.01.04 Friday 16:28
0
     DSC_0493.jpg
    私の必需品を写真に撮ってみました。、左から 風邪気味の時はとても助かっている、アカネシアのゴールデンシール。私は風邪薬を飲まないのでこのアカネシアがその代用です。
    コップにスポイトで10滴から15滴をいれて、水を半分ぐらい足して一日に4〜5回飲みます。そして熱々の蜂蜜生姜茶にパプリカを入れて飲んでひたすら寝ていればなおってしまいます。とくに冬場は絶対の必需品。これはマウイ島のオーガニックストアで購入しているのですが、日本でも購入できるのかしら?

    その次は マウイの香り ORINDAオリンダ このアロマにちょっとパフュームが入った香水?に出逢って8年。もうこれ以外の香りをつけることはないと思います。

    色んな方に、どこで手に入るのか、と購入方法を尋ねられます。
    これは以前はマウイ島のPAIAというサーファーの町にあった可愛いお店で売られていたのですが、3年前そのお店がキヘイにあるグランドワイレアのショッピングモールの中に移転して。

    今ではそこまで買いに行かなければならなくなりました。残念お店の名前が今出てこない。
    ステージ前にこれをつけるとしゃきっとします。

    オリンダはオリンダロードと言ってカレッジにいた頃住んでいた通りの名前。山に続く細い道ですが、
    美しい牧草地帯でもあり、住みたい場所として人気のあるエリアです。

    そしてその隣のブルーの容器に入ったクリームは、最近つけ始めたアンチエイジングクリームその名もTRUE SCIENCE(真実の科学) うたい文句には極小のシワを30% 中度の深さのシワを15%減らすことが出来ます。と・・・・
    私のように極大の深いシワはどうなるんでしょうか?今のところ変化は無いようですが・・・・まあ一年間は黙ってつけてみます。

    そして最後右側に位置する濃紺のマリアブルーの容器・・・・・
    これは・・・最近の大ヒット!! プレタンディム という名のタブレット。

    おおアザミ ウコン 緑茶 バコパ アシュワガンダ という5種類のハーブのエッセンスを配合させて誰でもこれを30日間使用すると細胞年齢が20歳の人と違わなくなってしまうという革命的な食品です。

    うたい文句は・・

    20歳のレベルまで体内の抗酸化酵素の生産レベルを上げることが実証済みです。
    年齢を重ねると血液中のTBarsと呼ばれるチオバルビツール酸反応性物質が次第に増加します。
    しかしプロタンディムを30日間服用すると年齢による脂質過酸化反応が完全に排除されます。
    摂取後、20歳の血液と80歳の血液の区別がつかなくなりました。

    ん〜ホントかな? 


    7月に知人からプレゼントされて、その後自分で購入して毎日一錠服用して。
    10月ころに・・・ふと気がついたのです。

    寒い冬や、足元が冷えた時など、寝起きによく足がつって いわゆるこむら返りなんですが、とても痛い思いをする事が50歳を過ぎたころから頻繁になっていたのですが、

    それが全く無くなっていることに。
    そして自分がとても元気な事にも・・・
    昨日などは・・・ホッピー神山氏がくれた彼のポップな側面の音楽CDに合わせてキッチンディスコ。一人で踊りまくってしまった。

    プロタンディムの開発者は J マッコード博士といって 40年前にそれまであまり注目されていなかった酵素SODの働きを発見して キューリ夫人や グラハムベルなどに贈られた エリオットクレソン賞を受賞しています。現在はコロラド大学の教授で国際抗酸化学会の名誉会長でもあるようです。

    酵素のことや活性酸素のことなどは、今まで全く興味がなかった私ですが・・・・

    このプレタンディムに出逢って知識欲がむくむくと生まれてきて調べれば調べるほど魅力に取りつかれてしまいました。

    そして挙句の果てには・・・販売員に・・・・MLMとはマルチ商法のことです。
    日本ではとてもダークなイメージがあるようですが、私には光サンサンの健全なイメージしかありません。

    HEARTHY 健康 と WEARTHY 豊かさ・・・

    これが 誰もが願う これからのテーマです。

    私は人の寿命は生まれてくるときに決まっていると思っていますが、
    自分の命が絶えるその時までは元気で生きていたいと思います。

    そして きっとこれも誰もが願うことだと。

    このタイミングでプレタンディムと出逢えたのはラッキー!!

    30錠(30日分)入ってて 4200円ですって。 












    category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

    A HAPPY NEW YEAR あけましておめでとうございます。

    2013.01.01 Tuesday 17:41
    0
       新年明けましておめでとうございます。昨年に引き続き 今年もよろしくお願いいたします。

      今年はとってもメリハリのある一年になりそうな予感がします。

      岡山に引っ越して初めてのお正月、残念ながら玄関に飾るお飾りを買い忘れて・・・・

      今まではマンションの扉だったので飾ってはいなかったのですが、やはり一軒家には必要だなと

      都会に住んでいるとさほど伝統文化というものに接触がないのですが、ここでは地域の中に根付いている物があって、そんな文化を大切にしたいと思いました。


      和歌うたをうたって・・日本文化の素晴らしさを実感している私ですが、自分が生きてきた軌跡の中にはあまり伝統を重んじる習慣がなくて・・・

      それに最近・・仕事柄、日本文化に造詣の深い方々と交流する機会も増えて・・・
      行儀作法のたしなみのない自分をちょっぴり恥じております。

      さて・・・一年の計は元旦にあり。

      昨年「和歌うた十周年」を迎えて今後 歌手活動は和歌うたをメインにしてゆきたいと思っています。

      もちろんじゅん&ネネはこれからも活動してゆきますが、じゅんお姉さまもソロ活動を始めて高橋さんと二人で頑張っているし、
      そういえば今年はじゅん&ネネが再結成して10年目!ぎゃっ もうそんなに経ったの?

      私は昔のじゅん&ネネも若さという点では輝いていたと思うけど、
      今のじゅん&ネネのほうが人間としてのお互いの理解度や面白みは断トツだと思います。
      じゅんと高橋さんそして私という3人の女性が作りだす世界がなかなか味わいがあって・・・

      いぶし銀の輝きかな。

      話を元に戻します。

      和歌うた これから新しいアルバムも作りたいし、世界を広げていきたいと。

      私がなぜ岡山に導かれてきたのか・・
      きっと京都から九州大宰府や、遣唐使船のルートとなってきた瀬戸内万葉といわれる和歌を唄うため、そして

      四国の88か所に残されている和歌?にも とても興味があります。

      早苗ネネの和歌うたは 基本的には古典和歌がメインですが、
      与謝野あき子さんの和歌にもひかれます、

      今年自分がどんなふうに発展してゆくのか・・・ちょっと楽しみです。

      最後に・・・告白です。

      これからも「和歌うた」という独自の世界を歌い続けて行くために・・・
      絶対不可欠な安定収入を得るためにとうとうサイドビジネスをすることに致しました。

      私がマウイ島のカレッジに在籍してた頃はちょうどクリントン大統領と ブッシュ大統領の政権交代期でしたが、クリントン大統領がメディアを通じて推進していたのが MLM;略してマルチレベルマーケティング。

      いわゆるネットワークビジネスです。
      クリントン大統領はこのMLMビジネスを、もっともアメリカらしいビジネス!!と言い切っていたのが印象的でした。
      エキスパートでなくても、誰もが出来る仕事。
      自分一人で始められ、口コミで伝えて、人と人とのつながりの中で商品が流通してゆく。
      そして莫大な権利収入へとつながる。
      アメリカンドリームのシンボル的な要素があるからかもしれません。

      カレッジの社会学のクラスでこのMLMビジネスの事を取り上げて学んだ記憶があります。

      今までは会員になり購入者になることはあっても、販売者になる事には全く興味がなかった私ですが、今回はスイッチがONになってしまいました。

      その製品がすごく面白いんですもの。 次回はその製品を紹介させていただきますね。
      DSC_0486.jpg写真はお正月なので御とそを頂こうと思ったのですが、あいにくワイングラスしか無くて・・
      今まで岡山の地酒は喜平、 神露、 と頂いて 今回は登龍です。これが一番好きかも・・・


      category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

      全快だぁ〜

      2012.04.05 Thursday 13:37
      0
         報告が二つ。
        25日夜からの風邪は今日全快。
        10日間の浄化でした。

        人によって風邪のパターンは異なると思いますが、私の場合は今回31日に東京へ行って帰ってきた朝から扁桃腺が腫れて、それが長引く要因に。扁桃腺はいつもは腫れません。今回は軽い鼻風邪だったので31日のライブも難なくこなせたのでしたが、やっぱり疲れが相当たまっていたのでしょう。

        扁桃腺が腫れて一番困るのは、顎が炎症を起こして口が開かなくなってしまうこと。
        食欲があっても、食事が流動食しか摂れなくなってそれも、小さいスプーンがやっと口に入るくらいの大きさしか顎が動きません。

        この私のパターン、3年前にも一度扁桃腺が腫れて口が開かなくなって大変だったのを思い出しました。

        でもそれもやっとよくなりました。まだちょっと顎が痛いのでいつものように野菜サラダをむしゃむしゃとは食べれませんが、食欲があるので大丈夫でしょう。

        それに、お野菜を近所の方々から沢山いただいて、本当に嬉しい悲鳴。ホウレンソウなんて横浜ではやはり不安で産地表示を横目に買い控えていたので、今は毎日食べれる喜びに浸っております。


        もうひとつの報告は・・・・・

        う〜!!残念 昨年申請していた国の芸術振興課への助成金、不採用でした。
        くやしい〜おりなかった。又来年トライします。こうなったら降りるまで何度でも申請します。

        私のオフィス。今まで寒くてお日様が当ってない時はどうしても階下の堀炬燵でパソコンを開けたりしていましたが、やっと春めいて来て徐々に仕事モードに戻ってきています。

        風邪も治ったこともあるけど、2階のオフィースに、と決めた部屋から、窓の外に広がる空を眺めて、移りゆく雲や、山の木々が風になびいてゆさゆさと揺れているのを見つめることが自分にとっていかに大切なことか、再確認。
        私にとってのしあわせってシンプルなんだ。
        都会生活で折りたたみ傘のようにくるくると丸めて小さくしてきた心の触覚をやっと広げることが出来そうです。
        category:日記 | by:早苗NENEcomments(2)trackbacks(0)

        岡山便り。

        2012.03.21 Wednesday 16:27
        0
           岡山の生活にも慣れてきて。楽しんでいます。
          私は本質的にはオタクなので、広いお家の中では食糧買出し以外に外に出て行く必要を感じなくておままごとみたいに生活を楽しんでいます。
          その上、ご近所の方々から、何かとお野菜を頂くので、それらを無駄にしたくないので、毎日せっせと料理を作っています。

          八丈島に住んでいたころも、食べ物だけは豊富にあって、毎日、天から降ってくるようにご近所様から頂く食べ物をいかに無駄にしないで美味しく食べるか、ということにエネルギがたくさん使われていた記憶があります。

          食べ物に追いかけられて暮らしてた。のですが,岡山でもやはり同じような感じがします。田舎生活の醍醐味かもしれません。
          ただし今度は東京に知人がいるので、沢山いただくと速、宅急便で東京まで送ってしまいます。その上最近はネットで季節野菜の色んな食べ方のレシピが載っていて、どう料理していいのかわからない。ということも無くなりました。

          東京在住の、じゅんお姉さまと高橋マネージャには、家族の中に両方とも若い独身の息子さんがいるので、食べ物の送り先としては一番。大根や白菜もスーパーで買ったら結構重くて、一人暮らしの私などは白菜はもちろん4分の一、大根も3分の一.で購入していたので、大根を三本や、白菜を三束も頂くと一つ残して二つは送ってしまいます。
          そんな感じで毎日は結構あっという間に朝が来て、日が暮れて 又今日から五日間上京します。

          この二〜三日よい天気で、私はお日様を追いかけて部屋を移動してて、今は二階のオフィスから。
          DSC_0234.jpg

          この部屋は西日がずっと当ってて、夏には大変だけど今の時期、日差しの暖かさで暖房も要りません。このブログを書き終わったら、出かける支度に入ります。
          明日は 原宿でじゅん&ネネの取材ですって。
          ではみなさん。次回は原宿からALOHA!!  

          category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

          やっとブログ更新出来ました。

          2012.02.08 Wednesday 11:52
          0
            久しぶりのブログです。このところ忙しくて、メールチェックするんのが精いっぱいの一週間でした。
            おかげさまで風邪もひかず、元気にこなしていますが、ちょっとやせたかも。

            先月、伊勢にじゅん&ネネの仕事で行った帰り、伊勢神宮にお参りしましたが、 その前日コンサートの打ち上げで伊勢海老を食べました。そのときに、ほんのちょっとそのエビのひげが私の右の中指に当たりました。
            それはただ、指に触れた、という感じで、触れたことを忘れてしまうぐらいの軽い接触でした。

            翌朝、顔を洗ってて、なんとなく右手中指の爪の先が熱を持って痛みを感じるようになり、
            どうしたのかしら昨夜何か黴菌が入る様な事があったかしら・・・・と考えても心当たりがありません。

            そしたら、伊勢神宮にお参りしている時に、
            じゅん&ネネのマネージャの高橋さんが、私と同じように指が腫れてて、彼女いわく
            「昨夜、食べた伊勢海老の触角の毒」だと・・・

            そこで初めて私も、そういえば長いひげに自分の指がちょっと触れて引っかったのを思い出したのです。

            その痛みは結構長引いて、今では腫れはだいぶ引いてきたものの、まだ熱も痛みもあります。

            私はエビが好きで、外食では中華だったら海老そば。洋食だったら海老フライ。お蕎麦ならら天ぷらそば。お寿司なら甘エビ。と海老の入ってるものをよく食べます。

            普段は玄米菜食なのですが、
            小さな海老やシジミなどの貝類は時々自宅でも料理をすることがあります。

            始めての伊勢で食べた海老の王様といわれる伊勢海老に

            「私たち海老類にも、食べるときにはちゃんと感謝と敬意をもって接して頂戴ね!」とご挨拶されたようで、
            引っ越しのために色々整理している時に、何かと物に当たって疼く指をかばいながら、日々を過ごしています。

            しかし・・・今度移る家には ヒカリ(ネットのこと)が通ってなくて システムを全部変えなくちゃ・・・
            その上・・やはり寿命でしょうか?プリンタが・・・壊れたみたい。
            その上・・私、最初に覚えたコンピューターが英語だったこともあり、殆どよくわからずに使っていたようで、初歩的なワープロの使い方が分からずに、何か間違ってキーを押してしまうと、文章が書けなくなったりして、それを元に戻すのに丸一日かかったりして。

            あ〜!人生って、ほんと! 色んな事が持ち上がってますます一日が早くなっていく!
            私の体感速度だと、二日で一日しか過ごしてない気分。

            写真は伊勢でたべた伊勢神宮の名物”伊勢うどん”おうどんが柔らかくて、なかなか美味でした。 
            DSC_0207.jpg
            category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

            2012年 辰年ドラゴンイヤ―。

            2012.01.03 Tuesday 00:30
            0
               新年明けましておめでとうございます。
              今年一年のカードを引いたらなんと、”FIVE OF FIRE” 炎の5番 挑戦の年と出ました。DSC_0176.jpg
              きっと新しい意識や世界観が生まれてきて古いシステムなどが崩壊してゆく、そんな緊張感をはらんだ年になりそうです。わくわく、ドキドキ、チョイ怖の2012年。何があっても光と影の二つの側面を見つめてバランスをとって行きたいと思います。

              私自身は、相対的にはあまり行動が出来ないサナギ状態の年になりそうですが、内面の成長がありそうです。カーブのコーナーを回ってゆくイメージがきました。先が見えない一年なのね。
              岡山への移動は正しい道を歩んでいるとでています。
              6月までに一度マウイに帰って免許書き換えなければ・・。

              今年のメインイベントは11月14日。みなと未来ホールでの和歌うたコンサートです。そこへ向かってエネルギーを集約させていきます。まだだいぶ先の話なので、その前に一歩一歩階段をあがってゆく作業の日々があります。

              今年もありのままの自分を受け入れて、笑顔を忘れずに・等身大で生きて行きます。



              category:日記 | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

              YOKOHAMA NOW クリスマスパーティ

              2011.12.18 Sunday 22:59
              0
                一 昨日は、私が 今年の一月から「和歌うた」のコラムを担当している横浜の流行通信WEBマガジン”YOKOHAMA NOW”の忘年会兼クリスマスパーティでした。
                http://yokohama-now.jp/home/?cat=32

                文章を書いて送るだけだったので、スタッフの方々とは始めて逢いましたが、すぐに打ち解けて楽しく過ごしました。

                パーティ会場となった桜木町にある”ビアンカ”は 80年代から始まった環境活動やヒッピームーブメントでは知る人ぞ知るあのビアンカ姉さんのお店というか普段はダンスなどのワークショップに使われている会場。まさかここでビアンカ姉さんに逢うとは思わなかったので嬉しい再会です。

                本当にビアンカ姉さんと会うのは何年ぶりかしら、まだマウイ島にゆく前だったような気がします。

                だから彼女はわたしのことを「早苗ちゃん」と呼びます。まだネネという名前で唄う始める前のお付き合い仲間でした。(クリスマスハットをかぶっているのがカッコイイ、ダンサーのビアンカ姉さん。)

                この夜もベリーダンスが披露されて、セクシーなパーティの幕開け。その上、三味線の地唄と一緒にベリーダンスが踊られて、さすがヨコハマ。異文化が上手く融合していい感じでした。
                category:日記 | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

                明日は・・・経産省前テント村。

                2011.12.14 Wednesday 20:14
                0
                   15日私は午後2時からあの・・・
                  経産省の前のテントを神奈川の地元の仲間と訪れます。

                  テントでは12月1日から福島の女性たちが十月十日の座り込みを始めていて、一度は訪れてみたいなって思っていたので12月7日にヒバクシャ緊急フォーラムに出たときに、今年の夏に一緒にパレードをした神奈川の仲間たちと日程の調整をして、15日に行くことに。 もう!明日だ!。

                  「サヨナラ戦争」ともう一曲、
                  湯川れい子さんが詩を書き、恩師の平尾昌晃先生が曲をつけ九州在住の盲目の天才少年掛谷剛君が唄っている「やすらぎの時代へ」という美しい曲をわたしの、へらへらのギターで唄ってきます。

                  もうちょっとギターが上手けりゃいいんだけど・・・なぜかパートナーが、全員ギタリストだったのでつい頼ってしまい。上達しませんでした。

                  私が原発問題の事を知ったのは、1988年。翌年1989年にはちょうど八丈島の町長選があり、原発がまだ未完成でトイレのないマンションなんだと知ったのもその時です。

                  そのあと、ディープエコロジーを学べば学ぶほど、問題は自分の内側にある様な気がして、精神世界の方へ入って行きました。

                  今それらのプロセスを経て、原発に対する認識が始めの頃の嫌悪感から大きく変化してきているのを感じます。

                  原発を反対している方々はこの秋にダライラマ法王が来日した時に、インタビューで脱原発に対する質問に答えた法王が今一つ歯切れが悪かった事で、
                  「きっとチベットでも原発を作りたいのかも」なんて推測もでて、
                  一部の方はがっかりした。なんて意見も出ていましたが、

                  仏教や宗教的な見地から、神様の視点から見たら原発の存在をただ、悪だとは言い切れないと私もおもいます。

                  原発、その存在自体には人類の進化のプロセスの中で決して、いけないものではないのだと。

                  誤解を招くとつらいんですが、ウランやプルトニウムや核融合が悪い訳ではないと。

                  あくまでも扱う人間の問題なんだと思います。

                  たとえば、アメリカのネイティブのホピ族の様な精神性を持っている人々が原発を扱っていたら、全く違う側面の展開があったのではないかしら。

                  キューリー夫人だって、自分の実験室で新しい発見をしている時、無心で純粋な精神状態で自分の情熱を傾けていたと思います。

                  そんな中でインスピレーションが降りてきて新しいアイデアや発見が見つかる。

                  そんなサイエンティストたちの情熱の中で導きだされてきた核融合や核反応は純粋な中立状態であって、

                  それらの応用が人々を助けるためや人類の進化に貢献することであるならばその存在は畏怖されながらも誠意と愛情を持って研究されてもいいものだと思うのです。

                  私たち人類の心や思考が、まだ十分に成熟してないために、欲望やエゴで貶しめられてしまった核エネルギー。

                  もちろん私は今の原発にはNOです。
                  システムがイノチに根差していません。その上、トイレがないなんて、住めるはずがありません。

                  確か2007年の春に、

                  出雲から六ヶ所まで歩いたWORK9の仲間に合流して若狭湾の原発を見たときに感じた、

                  静かな悲しみを伴った怒り。
                  般若の顔の様な雰囲気を醸し出して海岸沿いに建っていた原発。

                  これらの印象が、なぜ自分の内側に湧いたのか、今わかるような気がします。

                  私達は原子力発電というものをうまく扱えませんでした。

                  ごめんねウラン。ごめんねプルトニウム。 嫌われ者のストロンチウム・・・君が悪いわけじゃないさ。

                  そんな気持ちを込めて明日は唄ってきます。
                  マイクもないから半径10メートルぐらいまでしか声は届かないけど・・・愛はちゃんと届けるよ。

                  ♪みどりの地球を子供たちへ 仲良く暮らせる 明日の為に♪  (歌・・やすらぎの時代へ より)


                  写真は今日の銀座TACTライブ、楽屋での一こま。真ん中の美女はカヨコちゃん。

                  銀座TACTでのブッキングから、じゅん&ネネの唄う楽曲のアレンジも全て引き受けてくれる頼もしい才女。E−MUSIC ネットワークのバンドマスター。  独身だって!!DSC_0115.jpg
                  category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

                  今夜はRED FULL MOON

                  2011.12.11 Sunday 01:10
                  0

                    今夜は赤い満月

                    私が見たときは、清々しい冬空にオリオン星がくっきりみえて赤い月が、まるでピンポン玉みたいに浮かんでいました。

                    わざわざマンションの外に出なければ月食が見れないので、コートを着込んで玄関を出て空を見上げてたたずんでいると色んなVISIONが心に浮かびます。意識が拡大するのが感じられます。

                    私は空が大好きです。いつでもどこにいても空を見上げるときの精神状態は恋しさです。

                    以前イツワまゆみさんという歌手の方の歌に、♪昔人間は鳥だったのかもしれないね、こんなにも空が恋しい♪という歌があり、その歌を聞いたときに胸がキュンとしました。

                    おかげでハワイ州鳥NENEに逢えたのかも。

                    自分は鳥族だと思っています。借金トリではありません。デモドリです。

                    金子みすずさんの詩集に、昼のお空には星が見えない。見えないけれどあるんだよ。というような詩があった記憶があります。それを読んだ時も胸がキュンとしたっけ。

                    八丈島やマウイの山の中での圧倒的な星の多さを見てきた目には、いつも横浜の空は何も見えないのと同じ。と思っていましたが、今夜はそれでもとてもきれいな星空でした。

                    都会にいると人工物に囲まれて自然のエッセンスが少ない分、神秘的な気配が気薄ですが、今夜のお月様はわたしの中にかかっていた埃の様なベールをさっとひと吹き一掃してくれた様な気がします。
                    みそぎ払いかしら、

                     rungrunionrunさんの赤い月の写真 http://instagr.am/p/YUsB3/ via @instagram

                    こちらは逆に月から地球を見たらこんな感じで見えてるそうです。
                    http://twitpic.com/7rcxk8

                    今夜の約3時間は日本中で沢山の人たちが空を見上げて過ごしたという、
                    目線をあげて空を見るなんて3月11日からきっと初めてのことかも、
                    TWITTERもこの時間優しい、希望的なツイートが多かった。

                    明日は12月11日、9ヶ月目ですね。何か少しでも変わってゆくかも。
                    category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

                    ,こんな日は・・

                    2011.11.19 Saturday 14:06
                    0
                       今日は全国的に雨。先ほど熊本の友人、アンナプルナ農園の正木高志宅を訪問しているマウイ島の友人から、今着いたよ!の電話があって話しましたが、熊本も雨と霧に包まれているとか。
                      私は雨の日は低気圧で意外と好きなんです。とくにお休みの日は、ほっとすることがあります。

                      昨日まで、助成金申請書の作成でひっちゃきになっていたから余計かもしれません。部屋の中でぼーっと過ごすのにはもってこいの天気。緊張感がほぐれます。

                      こんな日は、今月の17日に全国的に解禁になったボージョレーワインでも開けちゃおうかな?
                      これだけは毎年、ネットで注文して当日宅配便で届きます。まだ飲んでいません。

                      ちょうど、先日のシャンパーニュでお客様から頂いた赤ワイン CONO SUR を飲み終えたばかり。

                      20樽しか作っていないピノ ノワール 美味しかった!DSC_0049.jpgDSC_0046.jpg
                      私は自分では赤ワインは殆ど買いません。いつも赤ワインが飲みたいなって思う頃になぜか、プレゼントされるのですが、流石プレゼントってやはり気を使って下さって、それなりの意味があるものを頂きます。

                      以前ボトルにネネグースの絵を彫って贈って下さったオレゴンンの赤ワインも美味しくて嬉しかった。日本では手に入らない物だったと記憶しています。

                      赤ワインは、開けたとたんから、その複雑な香りに酔いしれて、そのブドウの品種についてネットで調べ出したり、ワイナリーのことを調べたり、ついご飯を食べるのを忘れてしまう傾向があるために、酔いが早く回ってしまう傾向があるんです。

                      いつも赤ワインの時は、少ししか飲めません。ボトル一本を5日間くらいかけて飲みます。
                      食前,食中、に楽しむより、知的探求のほうにエネルギーが回ってしまって。気が着いたらお腹がペコペコなんだけどテーブルにあるのは、フランスパンと塩をまぶしたオリーブオイル、だけとか。

                      今回のCONO SURはグラスに注いで香りを楽しんでいるうちにキノコ料理が食べたくなって。。夜中にスーパーマーケットまでマッシュルームを買いにゆきました。

                      そんなわけでその五日間は、色んな世界に行ってしまいます。赤ワインを飲むと、その不思議な味わいにため息ばかりついてる私です。それだけ赤ワインの奥の深さは一言では言い表せません。

                      私自身はワインの体験が、2番目の夫STEVEがアメリカの有名なワインの産地、ナパ出身の人で、本人はお酒を殆ど飲まない人でしたが、レストランにゆくと必ずナパのワインを私のために注文してくれて、彼のお勧めのブドウ、メルローの味を覚えました。
                      ワインの本家本元フランスではなくてアメリカのワインが初体験だったので、フランスのワインは未だによくわかりません。

                      これでよく2004年度JSAワインエキスパートの試験に合格したものだとおもいます。一夜ずけの記憶力は44歳からの定時制高校で覚えたテクニックかも・・・試験が終わると全部忘れてしまうの。

                      最近又ワインを飲んで、勉強しています。

                      近くのスーパーなどで売っている2000円以下の庶民的なワインばかりを選んで・・・私の実態だ。

                      いつか私の様なベジタリアンもどき(完璧ベジタリアンではないので)のために、野菜料理、お豆腐や、納豆や、サラダに逢う、ワインの本を書いてみたいなって。。思っています。

                      そとは台風だ!!やっぱりボージョレー開けよう!GOOD EXCUSE!!
                      category:日記 | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 春、春、春だわ
                        moscat
                      • 明日帰国の予定でしたが
                        moscat
                      • 新月の夜空は 満天の星で。
                        高橋マリアクララ
                      • 晴れてます。
                        moscat
                      • てるてる坊主てるぼうす、
                        moscat
                      • 明日からマウイです
                        moscat
                      • 一月最後の日曜日は 倉敷 富士のや で。
                        moscat
                      • 高台寺 利生堂コンサート
                        nene
                      • 年を取るとは・・・
                        moscat
                      • 高台寺 利生堂コンサート
                        DAI
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM