龍神と瀬織津姫様

2020.04.21 Tuesday 17:17
0



    この写真は2006年頃 ある女性を通して
    わたしの元にやってきた

    ある女性とは梅沢チカコさん
    関西の日本画家で 

    高野山の尼さんだったとも聞く、

    2015年に帰天されました。

    美しいチカちゃんが

    突然訪ねてきて、

    この額入りの写真を差し出して

    「これは念写で撮られた写真なの、
    ネネさんに届けなければならない!と思って」

    「あらそう! ありがとう!」

    以心伝心。

    前世からの約束事のような

    当然の受け渡しだった。

    今も床の間に

    ネ麻鈴ネ の隣に飾ってある。



    レムリアルネッサンスの

    偉大な巫女

    アマーリエさんが 私を

    「龍女だと霊視された」

    と言うお話を伺ったのは

    アマーリエさんが亡くなってからの事


    その時

    私はピンと来なくて 漠然と

    自分は泳げないし 水が 怖くて

    まさか、自分がドラゴンレディとは・・思えない!

    と  現実味が全くなかった。


    ところが最近、

    縄文時代に自分が生きていた!と。


    記憶が蘇るにつれて


    縄文の女神

    瀬織津姫を知り、

    水の女神でもあると聞き

    突如

    アマーリエさんが私に遺してくれた

    龍女 

    と言う言葉と共振し始めた。



    床の間に飾られた

    チカちゃんからの写真

    今まで 何気に弁天様だと思ってたけど

    この女神は 瀬織津姫?


    もしかして 

    私は10年以上も前から

    瀬織津姫に導かれていたの?
     


    2006年頃 唐突に

    届けられた写真

    龍に乘った女神さま

    一体どんなプロセスで来たのかも

    チカちゃんにはっきり

    聞く事もしなかった私、



    でも今が 

    何かの自覚の時なのだと

    思う

    今日この頃です。












    category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

    コロナの子守歌 奉納の旅

    2020.04.18 Saturday 15:48
    0
       


      一昨日17日に 緊急事態宣言が全国に発令されましたが、 

      その前日の 16日に 「コロナの子守唄」 を 

      島根県松江氏にある 出雲一宮熊野大社 と 

      仁多郡にある奥出雲町 稲田神社に 奉納してまいりました。

      全国的な外出自粛に

      ギリギリセーフで間に合いました。

      コロナの子守歌   赤文字をクリックすると歌が聴けます。
       
      3月1日に松江市八雲町の

      スプリングっコンサートへ向かう朝にお参りした

      熊野大社

      ご祭神は スサノオのミコトとクシナダ姫様

      この日から、10日後に生まれた 

      「コロナの子守歌」の奉納の旅は

      3月31日の出雲大社から始まり 熊野大社 稲田姫神社と

      パタパタと閉じられてゆく

      自粛要請の扉を ぬって決行した 

      アドベンチャーの旅でもありました。

      今は 達成感でほっとしております。
      ドライバーを請け負ってくれた 紀美さん ありがとうございました。
       
      category:- | by:早苗NENEcomments(1) | -

      自灯明 心のチカラの秘密

      2020.04.12 Sunday 06:05
      0


        自分の中にある神我とつながり
        自分の中にあるヒカリを灯して

        そのヒカリで足元を照らして生きて行く。

        覚悟を決めて。

        自分の内側から送られてくるメッセージに耳を傾けて。
        自分のヒカリで足元を照らして生きて行く。

        一人一人が持っている自分の
        こころのチカラのヒミツに早く気が着いて。

        地球は今までの物質世界から
        霊主体従、霊文明に移行します。

        そのプロセスの中で振り分けが起きて行きます。

        私達の肉体的歴史の中に縄文時代があります。

        縄文時代は 霊主体従が理解されていた時代です。

        太陽や、大地、水や
        他生物を通して神我と繋がっていた時代。

        その時の記憶を思い出して

        そして自分のこころと照らし合わせて生きて行く。

        自分軸で立ち
        自灯明で歩く


        自由意思と創造力が一人一人に与えられています。

        今までもこれからもです。

        スピリチュアルは宗教ではありません。

        こころのチカラのヒミツを理解してください。


        一人一人の意識から成り立つ集合意識が今の世界を作って来ました。

        それが地球の成長と波長が合わなくなってきた結果、

        私たちは
        この文明を卒業しようとしています。

        新しい世界を創造して行かなけれはなりません。
        新生地球に同調出来る文化、文明が求められています。

        今地球上に生きている全ての人びとは
        この新しい地球へ移行することを体験するために生まれてきています。

        そして
        日本と言う国に生まれてきた人びとには
        肉体的なキーとして縄文時代の記憶かあります。

        1万6千年ものあいだ人々が

        殺し合わずに高い視野を持っていた 独時な霊文明です。

        私達の血肉となっている、

        大らかさや なごやかさ、しなやかさ、

        ヤマト言葉の中に残されているDNAの記憶を思い出しましょう。

        朗らかに、たおやかに、スコヤカに

        かろやかに、きよらかに。

        サラサラと

        自分の光で足元を照らして

        生きて行く時代の始まりです。



        category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

        567から369へ 変容 反転の旅

        2020.04.03 Friday 13:19
        0


          三月三十一日

          出雲大社 拝殿にて 

          「コロナの子守唄」を奉納させて頂きました。

          このあと、4月13日に

          出雲一の宮 熊野大社例祭の後にまたコロナの子守唄を奉納します。

          熊野大社の御祭神は スサノオの命さま

          最後は  4月19日

          奥出雲町 稲田姫神社の例祭にて 歌わせていただきます。

          稲田姫様は 暴れん坊だったスサノオの命を ヤマタノオロチ退治で ヒーローへと 変えてしまった

          稲田姫様の 生誕の地に建てられた神社です。

          稲田姫様の無垢な波動に包まれて 

          荒ぶるコロナウイルスも落ち着くのではないかと思います。


          それで 私のコロナ鎮静の旅は 終わりとなります。



          今回 31日の出発前夜に

          知人の尼僧さんから 私が送ったメッセージのお返事に

          567=369です と 書かれていて

          コロナがミロクへと反転する!と言う示唆に感じました。

          確かに 3+6+9=18で 
          コロナ 5+6+7=18だから
           
          同じ字数なので何かの仕組みで反転すれば
           
          変容の力が働く。

          お参りして歌うだけじゃ十分でなくて

          何かもう一つ

          鍵となるようなものが数霊の中に残されているのかしら、


          でも見当もつきません。


          諦めて 床に着きました。



          明け方 3という字が浮かびました。

          玉串料を3にすればいいかも!

          ガバッと飛び起きて

          寝る前に用意しておいた のし袋の金額を


          修正液で消して3万円と書き直しました。


          3回の奉納で 3万づつ入れてゆくと

          最初は3万 次は私は6万円を使ったことになり 最後の奉納でまた3万円を使うと

          私は3、6、9と金額が動いて

          これは私自身が 変容するのかしら。

          や〜どうしよう!

          今月も来月も 再来月も 仕事はキャンセルで、収入は0。 

          私のお財布には このコロナの子守唄の交通宿泊費だけでもう目一杯!


          普段贅肉を持たない体の人間が一番最初に餓死するのと同じで

          貯金を持たない私は いつも天国銀行が運営してくれるものを信頼して生きてきました。

          でもさて ここで 本当に底をついた私のすっからかんが 

          もう一度 動けばついてくると言う信頼を最終チェックされて試されているような気分

          明け方、私のひらめきは 自分の3次元的現実に揺らいで 

          どうしよう! 

          ひらめきどうりに実行しようか やめようか!


          本当に久しぶりの躊躇、葛藤、

          やめたくなる誘惑を、

          踏みとどまって、飛び込む!


           3、6、9の仕組みを遂行することにいたしました。

          実はこのブログも あまり正直に書きたくありません。

          私の金銭に対する 振る舞いを 常識的にみて 


          自分でも


          首をかしげる側面ががたくさんあるからです。


          お金があるならまだしも


          いつもピーピーしているあなたが、

          何もそこまでする必要ないでしょ? 

          一体、何を根拠に そんなマネーゲームをするの?


          と言う私の中の言葉も聴きながら。



          でも、 今ここにきて もう周り始めているこの数霊の仕組みを

          途中で降りるわけにはいきません。

          コロナの脅威が反転することを 信じて。

          13日、19日と 回し続けtます。


          写真の中のおみくじは 今回、

          心を合わせてくださった皆様方を代表して引きました。

          願望。。叶う
          土木。。良い
          結婚。。良い
          病気。。長引くとも治る
          移転。。良い
          失物。。見つかる
          売却。。利あり
          方位。。西よい
          旅行。。良い
















          category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

          自分本来の声を取り戻す Voice Training 

          2020.03.30 Monday 14:27
          0
            明日、3月31日 13時30分から

            島根県の出雲大社で    

            「コロナの子守歌」を 沈静祈願のお祈りと共に奉納します。

            ここ一か月 コロナ休暇のお陰で歌っていません。

            声がだいぶ錆びてきて

            今日は朝から ボイストレーニング 

            いつもは 歌う前日に軽くトレーニングをして 

            当日のリハーサルで調整してゆくのですが

            今日は みっちりと 3時間。



            私のボイストレーニングは 

            ワークを受けられた方はご存知だと思いますが

            あまりカッコよいものではありません。



            私達は 社会の中で声を使っているので

            ソサエティの一員としての声を出します。

            まずその ソサエティ用の声帯を 

            外します。

            完全に脱力した状態で

            うめき声みたいな ため息みたいな 

            そんな声から出し始めます。


            それは 動物としての 声。


            自分が動物としての声を発する作業。


            その声を 自分の耳で、身体で聞いて 
              

            その響きを 


            全ての細胞に向けて


            全身が共振してゆく時に。

            体の中に滞っているものや


            深くはらわたに沈殿している ヘドロのような何かが

            浮き上がってゆくような 

            私には

            そんなイメージが浮かんだりします。


            時々 自分の声を聴いて とつぜん ご近所の人は この声を聴いて

            いったいどう思うのかしら?

            と、自意識過剰に襲われて 


            恥ずかしくて 

            辞めたくなる時があります。 が。


            プレッシャーに負けないで

            出してゆくと 本当に すっきり お風呂に入ったような爽快感。

            みっともない声。 気が違っている人のような 声


            多分 狼に育てられた子供が 出しているような 


            自分が本来持っている 

            声帯そのものの声を見つけて出して行く

            その面白さを 今日は久しぶりに 体感しました。



            神様の懐に 飛び込んで

            「コロナの子守歌を」

            お預けできるのは

            凄く嬉しい!

            明日は 愛を沢山 声にのせて・・・。

            心して歌います。


            暖かくなったら 又 VOICE TRAINING  の ワークもやってゆきたいと思います。




            category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

            コロナの子守唄

            2020.03.23 Monday 16:30
            0


              3月31日 出雲大社にて 


              コロナウイルスの沈静化の祈願と 歌の奉納を致します。


              奉納の歌は 純粋に コロナという 荒ぶる恐怖の存在を


              認めて 受け入れて 敬って 光の中で 労う。


              み魂沈めの歌です


              時代が変わる時には 古いものを壊してゆくために、


              その役目を請け負う 嫌われ者が現れます。


              私には’コロナウイルスが 


              其の役目を請け負っているとしか 思えません。



              それは 創造と同じ力の 違う側面の現れだと思います。


              3月31日 出雲大社にて 「コロナの子守唄」


              御魂沈めの歌を歌わせていただきます。
               

              もうこれ以上 亡くなる方、犠牲者がでませんように。



              「コロナの子守唄」

              コロナ ころころ コロナ みんなが怖がるコロナ 怖がらなくてもいいよ
              あなたが悪いわけじゃない みんなの怖いに煽られて 怪物コロナになっちゃった

              コロナ ころころ コロナ 怖がらなくてもいいよ 可愛いコロナ 優しいコロナ
              みんなの怖いが張り付いて 身動き取れないコロナ ブルブル震えるコロナ

              ごめんねコロナ 泣いてるコロナ あなたが悪い訳じゃない
              私の愛でつつんであげる 私の愛で満たしてあげる

              コロナ ころころ コロナ’ 安心コロナ 微笑むコロナ ’ゆっくりおやすみコロナ

              心地良いのがコロナの子 惹かれるコロナ 楽しいコロナ 腑に落ちコロナ
              ワクワクコロナ 喜びコロナ 

              コロナ ころころ コロナ  

              ありがとコロナ さよならコロナ 光の中にお帰りコロナ
              安らかコロナ  幸せコロナ  光の中でおやすみコロナ
              category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

              ヒカリのシナリオ 東京オリンピック!

              2020.03.22 Sunday 03:36
              0
                アメリカとイギリスが ロックダウン!

                これは本当に たいへんだわ!


                今までのシステムが 


                壊れていってる。

                コロナと言う小さなウイルスが


                イノチへの脅威を超えて


                システムを壊すウイルスになってしまった



                そして 


                この先に見えてくる東京オリンピック



                今までのオリンピックは もう立ち行かないかも
                 


                選手の方々には申し訳ないけど


                オリンピックには何となく 


                バックに 欲望の渦巻きが感じられて


                私個人は


                あまり興味が持てませんでした



                東京に開催が決まった時も


                福島の事がまだ収束していないのに


                オリンピックなんて と


                思っていたくらい。


                でも、今ここにきて



                この流れの中に ヒカリを感じます。


                今までの利権にまみれた


                オリンピックはおしまいになっても。



                新しいオリンピックが始まる可能性が



                日本から 生まれるかも



                縄文時代に作られた 火炎土器の聖火台


                1万6千年という 長きにわたって平和を築いてきた


                縄文時代


                日本民族の根底にある 和の心



                日本人の特質の 


                異質なものを受け入れて自分たちの血肉にしてゆく


                包容力 親和力 人に添う心 受容性。一致団結。


                これらは日本人の持っている チカラです。



                平和な時代の象徴


                縄文の火炎土器を


                聖火台のシンボルに据えて



                広島で燃え続けている 


                原爆の火を 合火して



                本物の平和の祭典をスタートさせる。




                ここに立って初めて



                日本人一人一人が 情熱をもって



                開催へと向かうエネルギーが集まりそう。



                私達の 清く明るい心に灯がともり


                開催へと流れだす。



                私も もう ワイロや


                不当なお金の流れにまみれたオリンピックは


                お腹いっぱいですが、、


                本物の 光あふれた


                愛と平和の祭典なら ぜひ やりたい。


                そう思う日本人は多いはずです。


                category:- | by:早苗NENEcomments(1) | -

                地球の未来に愛の波動を送ろう その3

                2020.03.21 Saturday 14:14
                0
                  32年前の話です

                  1988年の8月8日から一週間 

                  八ヶ岳で行われた 

                  「いのちのまつり」

                  そのお祭りに連動参加して

                  八丈島で同日の 朝8時から夜の8時まで

                  八丈太鼓を1分の休みもなく叩き続けた

                  イベント「太鼓マラソン」の

                  メインタイトル

                  「地球の未来に愛の波動を送ろう!」

                  この

                  88年から10年間続いた「太鼓マラソン」のタイトルを

                  私は最近の記事タイトルとして使っている

                  理由は 

                  自分の人生がこの言葉に帰結するから。



                  ずっと疑問に思っていたっけ。

                  自分が なんで 18歳の時に

                  アイドル、と言う体験をしたのか

                  当時 80万枚売れた歌。

                  「愛するってこわい」のさびメロディ

                  ♫ 一人ぽっちの夜が’怖いの ♫

                  売上万枚と放送媒体を通して

                   およそ 

                  100万の人が’私の声を聴いている。


                  私ほど、

                  アイドルとか巷の賑わいに

                  かけ離れた性格の人間はいない。と

                  私自身は思ってる。


                  そんな自分がなんでアイドルに

                  と ずっと疑問だったけど


                  その答え と思えるもの


                  それがこの 

                  地球の未来に愛の波動を送ろう! というメッセージ。


                  私が、八丈島の仲間たちと遊びながら送っていた

                  愛の波動は

                  今からの地球へ送っていたのだと。




                  これから向かうであろう

                  新しい地球の 新しい概念、

                  新しい集合意識


                  それらを 伝える役目と
                   

                  今後、来るであろう
                   

                  未曾有の大変容に備えて、


                  地球に 愛の波動を送ってください。



                  あたらしい地球を生み出すために


                  愛と叡知が必要なんです。





                  声を限りに 伝える メッセンジャー


                  そのために

                  アイドルもさせていただきました。


                  「地球の未来に 愛の波動を送ろう」、

                  32年を経て


                  また、そこに戻った次第です。

                  ついでに

                  その頃の歌も 最初の相棒 英介くんとの共作

                  音空間に懐かしさを感じます。
                  赤文字をクリックすると聞くことができます。

                  時代はやっと本気でワンネスに向かってゆく。



                  iPhoneImage.png





                  category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

                  春分の日に

                  2020.03.19 Thursday 22:22
                  0





                    昨日から3日間

                    私は、

                    時空間移動中です。

                    そういえば

                    宇宙から

                    人類の進化に必要なヒカリが注がれると、

                    聞いてはいたのですが 

                    ほんとかなあ?

                    と半信半疑。

                    それが、

                    昨日から肩の凝りがほぐれています。


                    この痛みは 三年前に

                    テレビ朝日の入り口で後ろの車に軽く追突された後遺症

                    痛みが慢性化していたのですが

                    不思議です。

                    消えました。


                    断捨離はまだ続いています。 


                    お化粧をしなくなった自分の写真を

                    ブログに アップしようと。


                    探していますが

                    最近のビーチの写真は 


                    あまりにも


                    ガーリッシュで没! 


                    昨日自宅で 自撮りした 


                    超自然のすっぴん顔を

                    アップしました。


                    しかし

                    ドライアイからはじまって

                    お化粧することを断捨離してしまった私。


                    これから仕事が来るのかしら?


                    やっぱり

                    仕事用の宣材写真も載せとこう


                    自分の中でも 

                    2極化が始まっています。汗
                    category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

                    地球の未来に愛の波動を送ろう その2

                    2020.03.13 Friday 12:58
                    0



                      三十代後半から移り住んだ八丈島で読み耽った精神世界の本。

                      バシャールに代表される宇宙人のチャネル本から
                      30冊以上に及ぶ谷口雅春さんの「生命の実相」
                      ワークブック形式のポジティブ思考の本等。


                      その中でも思い出すのは
                      岡本天明さんが出された。

                      日月神示。

                      ちょっとこわもての、国常立の神様が教えてくれるご神示は
                      不思議な響きを持って私の心に 沢山の疑問と探究心を
                      想起してくれました。

                      私はその分厚い本を八丈島を出る時に手放してしまい 
                      今では断片的に 文章が、記憶に残って居るだけ。。

                      世界の立て直しのために
                      世の中がグレンとひっくり返る事

                      今回は何処に逃げてもダメな事
                      御霊を磨いておかないと通れない道。

                      早よう気が付いて、まる〇にチョンを入れてくれよ、

                      と繰り返し繰り返しの言葉。

                      これらのメッセージが、
                      今年のコロナウイルス騒動とシンクロして
                      記憶に蘇ってきました。

                      今回の立て直しは

                      今までの概念からは予測もつかない
                      根本から変わってしまう事、

                      人間、1人1人が見つめなければならない
                      自分自身の内側にある神仏の自覚。
                      それ以外に頼れるモノは無い。
                      そこに気づくまでは救われないんだよ、

                      と、

                      これらのメッセージを自分が完全に体現出来たら
                      良いけど、

                      まだ未熟な発展途上にいる私自身。

                      頭でっかちな思考の中で 堂々巡りを繰り返しながらも 

                      せめてこの美しい地球の環境を壊さないで
                      生きて行ける知恵を身に着けたい

                      せめてこの地球に一緒に住まう他生物たちに
                      迷惑をかけない生き方が出来るようになりたい。

                      そんな思いで自分の内側に答えを見つけようと
                      生きてきた40年間は

                      あっという間に過ぎました。

                      あとどのくらいすれば自分の中の神仏に出会えるのか

                      これからの10年間が私自身の旅の集大成でもあるような気がします。

                      新しい地球の生き方へ向かって 

                      たっぷりの時間の中 内省を続けてゆきます。

                      気分は籠城中、過去世で体験してるな!

                      写真は前回と同じ、籠城中で・・・
                      今年、2月のマウイ ベビービーチにて。








                      category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -

                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM