狩野光信の三十六歌仙絵 と 狩野尚信の三十六歌仙絵

2015.08.21 Friday 12:20
0
    最近は毎朝
     9月6日 高台寺でのコ和歌うたンサートのための三十六歌仙の 現代語訳を書いています。
     http://www.kodaiji.com/topic/70.html

    高台寺に残されている 狩野光信さんの絵は だいぶ古くて劣化が進んでいます。
    この絵を修正して現代によみがえらせるには高い技術と 財力が必要だそうです。

    私は 古いままの絵のほうが趣があって好きですが、
    書かれている和歌が劣化のため読めないものが殆どでした。

    高台寺の隣に寧々様の終焉の地とされている 圓徳院があります。

    圓徳院には 狩野光信が高台寺の壁画を描いた その翌年に生まれた、光信さんの甥にあたる 
    狩野尚信が 描いた36歌仙絵が残っていて その絵は劣化が少なくて 記録も残されていました。
    http://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml

    今回 三十六歌仙を歌うに当たり、その圓徳院に残された歌を 参考にさせていただきました。

    高台寺のお庭も素敵ですが 圓徳院のお庭も 素晴らしいです。
    ちょうど陰と陽の関係で高台寺が陽で 圓徳院が陰かしら。

    9月6日には コンサートの前に是非 圓徳院も訪れてみてください。


    category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM