地球の未来に愛の波動を送ろう その3

2020.03.21 Saturday 14:14
0
    32年前の話です

    1988年の8月8日から一週間 

    八ヶ岳で行われた 

    「いのちのまつり」

    そのお祭りに連動参加して

    八丈島で同日の 朝8時から夜の8時まで

    八丈太鼓を1分の休みもなく叩き続けた

    イベント「太鼓マラソン」の

    メインタイトル

    「地球の未来に愛の波動を送ろう!」

    この

    88年から10年間続いた「太鼓マラソン」のタイトルを

    私は最近の記事タイトルとして使っている

    理由は 

    自分の人生がこの言葉に帰結するから。



    ずっと疑問に思っていたっけ。

    自分が なんで 18歳の時に

    アイドル、と言う体験をしたのか

    当時 80万枚売れた歌。

    「愛するってこわい」のさびメロディ

    ♫ 一人ぽっちの夜が’怖いの ♫

    売上万枚と放送媒体を通して

     およそ 

    100万の人が’私の声を聴いている。


    私ほど、

    アイドルとか巷の賑わいに

    かけ離れた性格の人間はいない。と

    私自身は思ってる。


    そんな自分がなんでアイドルに

    と ずっと疑問だったけど


    その答え と思えるもの


    それがこの 

    地球の未来に愛の波動を送ろう! というメッセージ。


    私が、八丈島の仲間たちと遊びながら送っていた

    愛の波動は

    今からの地球へ送っていたのだと。




    これから向かうであろう

    新しい地球の 新しい概念、

    新しい集合意識


    それらを 伝える役目と
     

    今後、来るであろう
     

    未曾有の大変容に備えて、


    地球に 愛の波動を送ってください。



    あたらしい地球を生み出すために


    愛と叡知が必要なんです。





    声を限りに 伝える メッセンジャー


    そのために

    アイドルもさせていただきました。


    「地球の未来に 愛の波動を送ろう」、

    32年を経て


    また、そこに戻った次第です。

    ついでに

    その頃の歌も 最初の相棒 英介くんとの共作

    音空間に懐かしさを感じます。
    赤文字をクリックすると聞くことができます。

    時代はやっと本気でワンネスに向かってゆく。



    iPhoneImage.png





    category:- | by:早苗NENEcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM