NENEROCK出演者 石間秀機さんの紹介

2019.05.22 Wednesday 13:37
0


    6月15日 の原宿クロコダイル で行われる NENEROCK(69)BIRTHDAY LIVE 

    出演者の筆頭は 私が一番最初に是非 出て下さいと お願いした

     石間秀機(シターラ)さん(お名前をクリックするとHPに飛びます。

    彼は1964年にアウトロウズ と言うバンドを結成していますが、私も同じ年にクッキーズでデビュー。
    アウトロウズとは 確か銀座アシベや池袋ドラムで2〜3回 ご一緒しているような記憶があります。
    もう14〜5歳の頃の記憶なのでおぼろげですが、バンドの名前をちゃんと覚えているので
    子供心に、大人のカッコよさと、怖さが 強烈な印象だったのだと思います。

    その後私は1968年に、じゅん&ネネで再デビュー。 やはり時を同じくして 石間さんも
    故内田裕也さんに誘われて 故ジョー山中さんがボーカルを務める
    フラワートラヴェリンバンドのギターリストとして 一躍脚光を浴びます。

    最近 SATORI というアルバムを聴く機会を頂いたのですが、
    ジョーさんのパワフルな声と 石間さんのギターに 時代を超えた斬新さとパワーを感じました。
    70年代初頭に 公演先のカナダで人気がでて、アルバムチャートを賑わしていました。。

    本当に世界に誇る日本のロックバンドの草分け的存在。

    その後インドの楽器シタールに出会い ギターとシタールを合体させた シターラを発案。

    現在は 独創的なアーティストとしてわが道を行く 孤高のシターラ奏者です。

    3年前に京都のホテルで偶然出会った私は、
    その時に シターラを見せて頂き、

    いつかシターラの音色に和歌うたを乗せたいなって 思っていました。
    そんな思いが今回実現します。 もう怖い嬉しい!

    それも石間さんのたっての提案で 全て即興!。
    サウンドチェック以外のリハはありません。

    演奏者の方々が ぱんと持ち寄って出した音が どんな音になるのか見当もつきません、

    その上に 私は果たして 即興で 和歌にメロディを乗せていけるのかしら?


    いったいどうなる事やら。

    35年ぶりのロックバンドでの歌。それも即興で・・和歌を。

    今から ドキドキ!はらはら!わくわく!です。

    昔フラワートラヴェリンバンドを 聴いていたり、その後のトランザム のファンだったり、当時
    殆どのギターキッズが 石間秀機さんに影響を受けたと思います。

    現在、シターラ奏者と言う境地を 切り開いて独自の世界を歩いている石間さんは 
     
    やっぱり、カッコいいロックミュージシャンの筆頭。

    今回限り、もう2度とないコラボレーション。 是非聴きに来てください。

    お申込み クロコダイル 03−3499−5205
     和歌うた実行委員会岡山 担当 人見 080−6345−4157




    category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM