尊厳死 STEVE OKERLUNDによせて。

2019.04.24 Wednesday 16:51
0
    私の前夫だった STEVE が明日 尊厳死をするという。

    6年前から背骨の癌に侵されて 今は痛みが苦しくて

    これ以上耐えられないとの事らしい。 

    明日の朝、カリフィルニアの自宅で友人や 父親に看取られて 旅立つという。

    今朝、私の後にパートナーとなった女性から連絡があり

    SANAE とも話したいと彼が言っていたと伝えられた。

    午後、私は 気持ちを整えて 

    この地上での最後の電話をかけた。

    20分ほど話をして 笑いあってお別れを言い合った。

    彼 STEVEは特殊な能力を持った人だった

    フリーエネルギーの研究をしていて 

    私と結婚した頃は米国の富豪から莫大な融資を受けていた。

    きっと他の天体から地球に転生してきて

    あまりこの地上に慣れていないのか

    とても純粋で優しいところがあるにもかかわらず 

    生きずらい人生を歩んでいる人だった。

    6年ぶりの私たちの会話は淡々としていて

    「来世も又会おうね」と私が言えば

    「そうだね又会いたいね。でも地球に戻ってくるか。わからないけど」 

    「もし会ったら きっとすぐわかると思う でももう、男と女の関係は無しよ!」

    「え〜!もう男女関係はないのかい!」

    「私は こりごりだから!あなただとわかったら そく逃げるわよ」


     電話口で 彼は笑った。

    彼は モノガミー(一夫一婦制) ではなくて ポリガミー(多夫多婦制) だった。

    私はその彼の生き方を 頭では受け入れても 感情が付いていけなくて

    だいぶ苦しんだのを覚えている。

    子供のように美しい女性を求める人だったっけ。

    真っ白なビーチで涙が砂の中に吸い込まれていく日々。

    でも今 私に特別な体験をさせてくれたSTEVEに対して

    友愛と感謝の思いで一杯だ。 

    彼が自分自身で その肉体を出ると決めた事は よほどの痛みなんだろうと推測する。

    どこの惑星に帰るのかしら? レプテリアンの魂かもしれない  

    ありがとうSTEVE 一緒に遊んでくれて。

    地球での修行を終えて、帰還するのね。

    又どこかで会えるのを楽しみに。 
    category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM