早苗ネネ

早苗ネネが行うライブ、ワークショップなどの情報を載せていきます。
Facebookも『早苗ネネ』であります~見てくださいね。
<< 嬉しい!!アルバム「和歌うた 小倉百人一首」2千枚目に突入。 | TOP | 旅はまだまだ続きます。 >>
0


    和歌うたを始めた頃
    自分と同じように和歌をテーマに歌っている人がいないか ネットて探した事があります。 その時
    一人の美しい女性が見つかりました。
    私が歌い始めるより数年前から
    万葉集に魅せられてコンサート活動をしていたのが
    歌枕直美さん。

    私とはまた全然違うスタイルて、それでもとても美しく大和言葉を歌いあげていた。
    私はとても嬉しくて、いつか彼女に会いたいな、と。
    その頃の私はまだ 「和歌うた 」と言う総称も生まれて無くて、
    レパートリーも少なくて、これじゃまだまだ彼女には会えません。 でも 歌枕直美さんの存在は私にはとても励みになりました。
    それから十数年が過ぎて。


    彼女はご自分の表現を 和歌劇 と称して
    私は 和歌うた と称して お互い独自の世界を発展させて来ました。 そして、この春に、やっと彼女に会えました。

    4月7日から3日間 京都の古民家で 歌と語りの一人舞台 歌絵巻 を公演された歌枕直美さんを、 9日の最後の日に訪れました。



    客席から見た彼女は 美しい巫女さんの様。

    平家物語より、選ばれた二つの物語。 その語りに引き込まれて、私もはらはらと涙を流し。
    澄んだ歌声に酔い知れました。

    そして舞台後に お互い、手を取り合って 嬉しい!出会いのご挨拶。 始めてとは思えないほどでした。
    和歌は私より先輩なんですが、
    私よりお若くて 汗




    とてもチャーミングな歌枕直美さん。 いつか一緒に何か出来れば。
    そんな広がりを感じる出会いとなりました。
    - | 12:04 | author 早苗NENE | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://nene.amanakuni.net/trackback/1307
    トラックバック