マウイ便りその3

2015.12.22 Tuesday 06:46
0
    昨日は街に出て夕飯を食べました。車で20分も走らないと一番近くの街に出れません。フィッシュマーケットという名のレストランというよりも食堂なんですが、その雰囲気が私は好きで必ず連れて行ってもらいます。
    街の幹線道路のコーナーにあるその店は、漁師さんがそのまま料理をしている感じで、ポパイのように筋肉モリモリの腕にイカリマークの刺青があるような男性たちが厨房で立ち働いています。その料理もあらっ削りでまあ男性的。
    新鮮な魚なので美味しいのですが、量も多くてタジタジのアメリカンサイズ。

    その上いつも混んでいて、昨夜も店の中は喧騒と混沌、
    長蛇の列を組んで注文を取るのを待っているお客さんと、
    カウンターのようなテーブルで、食べている人たちの話声がミックスしてワイワイガヤガヤ。
    その中で出来た料理をカウンタに乗せてコックさんが料理の番号を叫びます。
    大人しい日本の観光客などは弾き飛ばされてしまいそうな雰囲気です。
    私も絶対一人では入れません。
    そこのフィッシュアンドチップスが大好きで必ず食べに行きますが、いつもその喧騒の中でボーッとしてしまいます。
    でもローカルの家族連れや 恋人同士、ツーリストが長い椅子に隣り合わせて座って食べる雰囲気がなんとも言えずいい感じ。
    しかし!ボリウムがあります。写真の手前がフィッシュアンドチップス。そしてワルターのオーダーしたフィッシュバーガー。
    category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM